思いつきを書いていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株証券会社の選び方その3(手数料)
2007年07月30日 (月) | 編集 |
手数料での中国株証券会社の比較ですが、例によって
サーチナとさますのさんのサイトへのリンクを貼っておきます。

サーチナ>
中国株証券会社比較>手数料で比較する(香港株)
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/hikaku13.html
図表により見やすい一覧となっています。
各証券会社で優位性のある約定価格帯がわかります。

なげやり的中国株対決>
中国株ネット取引証券会社を徹底比較>取引手数料を比較(香港株)
http://www.nageyari-china.com/shoukenkaisha/shoukenkaishakakuron1.htm
さますのさんのサイトです。サーチナの一覧を踏まえた上で読むと
約定価格帯についての記述がわかりやすいと思います。
ちなみに1HKDは大体16日本円ですので1万HKDは16万円ぐらいです。

補足・
ユナイテッドワールド証券は同日に同一銘柄を同一売買した場合は、
一口注文として国内取引手数料および現地諸費用の計算をします。
(http://www2.uwg.co.jp/pub/cost_07/cost_kabu_07.html)
マネックス証券、松井証券、オリックス証券はユナイテッドワールド証券の
システムを利用していますが、上記の一口注文の扱いはしないようです。
マネックス証券手数料ページ
http://www.monex.co.jp/ServiceInformation/00000000/guest/
G900/srv/srv05china.htm

松井証券手数料ページ
http://www.matsui.co.jp/service/fee/list.html#05
オリックス証券手数料ページ
http://www.orix-sec.co.jp/tesuryou/china/index.html


さて、手数料において万能の証券会社というのはなく、
それぞれ買い方・売り方の手法によっても一番安い証券会社は
変わってしまいますが、一注文が100万円を超えるような方は
国内手数料に上限のリミットがあるユナイテッドワールド証券か
オリックス証券が手数料の面では得になります。
(細かいことを言えば100万円を少し超えるぐらいだと
 岡三オンライン証券の方がほんのわずか安いようです)
上海・深センB株については取り扱う証券会社は3社しかありませんが、
もしB株に興味があるのなら唯一外貨決済のできる東洋証券でいいかと
思います。為替手数料の都合上、20万円の銘柄を一回入れ替えるだけで
1年3,150円の口座維持手数料のモトがとれるからです。

なお、証券会社の選び方としては、特定口座(源泉徴収あり)を
選んだ方が税制的に有利な方は、手数料の面より特定口座の取扱を
重視すべきだと考えます。
これは、あくまで株式投資は余剰資金でやるものであり、本業による
収入に対する税金に影響が及ぶことを避けるべき、との考えによります。
参考リンク・
株を始める前に読むブログ>
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(サラリーマン・OL向け)
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-33.html
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(主婦・学生・無職編)
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-127.html
スポンサーサイト
中国株証券会社の選び方その2(特定口座)
2007年07月29日 (日) | 編集 |
中国株取引時の特定口座については、サーチナのコラムで
さますのさんがわかりやすく書かれているのでリンクします。

サーチナコラム>
シロウト個人投資家の中国株あれこれ 第43回
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1230&f=column_1230_003.shtml

また、特定口座そのものについてですが、株テンプレwikiに
フローチャートでまとめられていたのでリンクします。

株テンプレ置き場@wiki>
特定口座・税金
http://www9.atwiki.jp/kabutempra/pages/48.html

特定口座の制度はえらくややこしくて、株テンプレwikiのフローチャートを
見ていただいてもどうしたらいいか決めかねるかもしれません。
まだいくら損益が出るかわからない状況で特定口座にするかどうかを
決めなければいけない事がややこしさに拍車をかけています。

より詳しい特定口座の解説リンク・
株を始める前に読むブログ>
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(サラリーマン・OL向け)
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-33.html
特定口座源泉徴収有りと無しどっちが得か(主婦・学生・無職編)
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/blog-entry-127.html

私個人の意見として無責任に大雑把に書かせていただけば、
とにかく特定口座の源泉徴収ありにしておいて、
確定申告時期に申告するのとしないのとどちらが有利になるかを
検討するのが、面倒くささが無い点でいいと思います。

サラリーマンの方で今まで確定申告をした事がない方も、
確定申告は一回やってしまえばとても簡単なものなので
確定申告する労力は気にしないでいいかと思います。

なお、中国株は上場株式等に該当し、特定口座での扱いにおいて
国内株式との違いはありません。
しかし、配当控除については国内株式と異なり、
中国株などの外国株式の配当金については、
確定申告をしても配当控除を受けることはできません。

株から話が逸れますが、年間で家族全体で10万円以上医療費が
かかっている場合は、医療費控除が受けられます。
ただし、医療費控除を受けるためには確定申告と、証拠としての
医療費の領収書(レシート)が必要です。
株には手を出さないにしても、医療費の領収書はまとめて袋にでも
つっこんでおいて、確定申告の時に使えるようにしてください。
腰痛のマッサージ・ハリ治療や入れ歯を作る費用も医療費になります。
ですから家族全体で計算すると医療費はかなり大きい金額になるはずです。
医療費控除参考リンク・
http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/kakutei1.html
また、ついでのついでになりますが、雑所得が20万円以下の場合には
確定申告義務はありませんが、医療費控除を受けるために確定申告する
場合にはこの20万円以下の雑所得も申告に含める必要が出ますので、
確定申告すると逆に税金が増えるケースがあります。
参考リンク・
http://www.ryousin.shinkumi.jp/fp/fpkoram011.html
中国株証券会社の選び方その1
2007年07月29日 (日) | 編集 |
まず最初に参考になるサイトへのリンクを置いておきます。

なげやり的中国株対決>
中国株ネット取引可能な証券会社を徹底比較>
ケース別:あなたに最適な証券会社は?
http://www.nageyari-china.com/shoukenkaisha/saiteki.htm
上記リンクはサーチナでもコラムを書いておられる
さますのさんのサイトです。
証券会社選びについての情報はほとんど網羅されています。


サーチナ>
中国株証券会社比較
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/hikaku08.html
サーチナの証券会社比較は図表になっていて一括比較がしやすいです。
リンクは一番重要と思える特定口座の取扱比較にとばしておきました。


さて、上記2つのリンクで証券会社に関して知りたいことは
ほとんど調べられますので、私のところでは個人的に使っていて
感じたことなどを書きます。
困りました
2007年07月29日 (日) | 編集 |
気分のままにフルポジションを持ったところで今回の
ダウ急落が始まりました。何のためにこんな反省ブログを
つけているのかわかりません。
まあ、今更じたばたしたってはじまりません。
こんな時はQさんでも読んで心を落ち着けましょう。

ハイハイQさんQさんデス 第1791回
http://www.9393.co.jp/hihiq/kako_hiq/2007/07_0727_hihiq.html

まだまだ下がりそうですね。まだ心臓は動いてますから。

ところで、最近2chで良く見るコピペがありまして、
それはライブドアショックで旦那のお金を無断流用した上に
借金を作った主婦の方のアレな相談で、
元となった大手小町からはログが削除されてしまっているのですが、
ログが残っている場所があったのでそれを貼っておきます。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/computer/16674/1139616147/

コピペにはトピ主の方の発言しかなかったのですが、ログには
「がんばれ」「よくあること」という声もあり、世界は広いと思いました。
懐疑的である事と謙虚である事
2007年07月26日 (木) | 編集 |
巡回するサイトに証券関係の仕事をされている方が居ます。
知り合いとかではなく勝手に参考にさせてもらっているだけです。
そこにあった言葉で印象的だったのが
「ポートフォリオには魂を入れろ」です。
証券関係でプロの方というと裁定取引のイメージがとても強かったので
この言葉はとても意外に感じました。

話は変わって、投資にあたって自分に対し、
懐疑的である事と謙虚である事を課したいと思います。
ポジションを持っている以上、取れる選択肢の中から自分の
ベストと思える手を打っているのですが、
勿論それがベストのリターンであることは皆無です。
時間と気力は無限ではないので半ばあきらめに近い心情で
投資をする事もあるのですが、自分の精神状態も含めて
今後に生かすためには、あきらめではなく懐疑的でなければ
いけないと思います。気持ちが動揺している時に投資をすると
ジャンピングキャッチとボトムリリースを繰り返すことになるからです。
また、謙虚でなければいけないのは、懐疑的であることの裏返しで、
100%の読みでない以上、儲かったのは運によるものが大きいと
考えるからです。

以上、独り言をぶってみました。
スペイン
2007年07月21日 (土) | 編集 |
スペインって漢字では「西班牙」と書くんですね。
「素苦痛」かと思いました。

どうもすみません。
愚痴が続きます
2007年07月19日 (木) | 編集 |
思ったんですが、ある程度定期的に更新があって
ほとんど訪問者の無いブログというのはどんな感じなのでしょうか?
よそのそういうブログを見てみたいとも思うのですが
そういうのを探すのもなかなか難しいもんです。
人気ブログはいくらでも出てくるのですが。
しかもそういうひっそりブログ同士で仲良くなっても
どうにも盛り上がりそうにないなと思いました。
ブログを作ってみて感想その1
2007年07月14日 (土) | 編集 |
週1更新で全くよそ様のブログを訪ねることもせず、
宣伝をまるでしていないこのブログもおかげさまで
カウンタが300までいきました。うち5割くらいは自分自身で
踏んでいる気もします。

こんな場末のブログにもしっかりスパムトラックバックや
ワンクリック詐欺コメントがついていたりします。
あんまりひどいのは週1で一個一個消しています。
迷惑FAXに似て後始末をこちらがさせられているのが
とても不愉快です。どうせ置いてくならカウンタを
100ぐらい回していけと勝手な事を思います。
ネタ切れその3
2007年07月07日 (土) | 編集 |
新聞を読んでいますと、日本の悪いところばかり目に付きます。
治安の良さや生活水準は世界トップレベルですが、
国そのものが成長期から下降期にきたところなので
時間が経つにつれて気分が下を向いてしまいます。

企業には選択と集中を強いるくせに、地方格差是正を語る人達は
何を考えているのかさっぱりわかりません。
愚痴しか出ないので今日はこのへんで。
個人向け国債について
2007年07月01日 (日) | 編集 |
国債利回りが10年もので1.5%程度となり、定期預金を上回る
利率となるため人気、という記事を見ました。
最近の外貨建投信の人気とは裏腹の記事です。
日本国内にも外を見ている人間と内を見ている人間が居る
ということでしょうか。
自分の中ではつい思考が一方向に振れてしまうので
ニュースに出てこない動きを想像する習慣を身に付けたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。