思いつきを書いていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレオープニングセッションと板寄せ方式の差異
2007年06月23日 (土) | 編集 |
タイトルの通り、香港市場のプレオープニングセッションと
東証の板寄せ方式の違いを調べて書こうとしたのですが、
よくわかりませんでした。

参考にしたurlは次の通りです。
どちらも楽天証券のものですがわかりやすくかかれていると思います。

プレオープニングセッション
http://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/NetChina/V_VIL_NetChina3_3.html

板寄せ方式(リンク先のpdfにて参照できます)
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/investment/in06_beginner_promise.html

これらを見比べての上では、プレオープニングセッションでは
買いと売り双方の注文数が一番多い取引値が寄付値になり、
板寄せ方式では買いと売りの累積が均衡する取引値が寄付値に
なるようです。

結局、あまり気にしなくてもいいのかなというのが結論です。
スポンサーサイト
損を出しましたその2
2007年06月18日 (月) | 編集 |
損をしたものについて自分に戒めのためにちょこちょこ
書いておこうと思います。

これはギリギリ注文を出さずに助かったのですが、
上海B株がストップ高を連発していた時期がありました。
といっても昔の話ではなく2007年5月ですので先月の話ですが。
ストップ高が始まった当初は上げ止まるまで様子をみようと思っていて、
一回上げ止まり、数日ストップ安が続いてその後
またストップ高が始まりました。
そこで上海万博用に用地を売却するニュースの出た銘柄を
買い込もうとしました。市場の過熱抑制政策は週末中に
出ることが多く、買おうとした日は水曜日であったため、
10%だけ鞘抜きをするつもりでいたわけです。
しかしたまたまある方の日記で暴落の開始時期は読めないとの
事が書いており、いままで飛付き買いを我慢していたのに
ここで飛付いては今までのスタンスが意味を持たない、と
考え直しました。
そして水曜日に印紙税率変更のニュースが出て、またストップ安が
始まりました。ギリギリで助かると同時に、自分の欲の抑制が
効かなくなっていたことにぞっとしました。

でもこれ以外にも損は出してるので一回踏みとどまったくらいじゃ
なかなか損は減りませんね。
ネタ切れその2
2007年06月16日 (土) | 編集 |
株も売買タイミングを外してしまったのでただの日記を書きます。

wikipediaのジッポーライターの欄にジッポーのオイルは
ガソリンで代用できると書いてあったので、試してみました。
ガソリンの臭いが少々きついですが、問題無しです。
単純に体積比で考えるとジッポーのオイルはガソリンの18倍ぐらいの
値段がしますのでこれからはガソリンでいってみます。

ただ、昔自宅で携行缶からバイクにガソリンを入れていた人が
タバコから引火して焼死する事件があったので、
給油するときには気をつけようと思います。

wikipedia・ジッポーの項目
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジッポー
損を出しました
2007年06月09日 (土) | 編集 |
これはもう見込みが無い、と思って売った銘柄が
すぐに大きく値上がりしました。
特段新しいニュースが出たわけではないので、
循環物色と考えています。

こういったケースについて反省を行うべきなのか、
落ち込みつつ悶々と考えています。
自国通貨の意味その1
2007年06月02日 (土) | 編集 |
株を持つと、いつ株価が下がるかわからないので
あまり浪費をしなくなりました。
日常で必要とする現金を残してあとは株を買っているのですが、
そうすると当然のように資産の多くを株で持つようになりました。
外貨建の株ばかり持っていますので、円高円安で評価損益が変わります。
そうすると円ベースでは資産が変動しているのですが、
資産の大部分が株なので、株価が変わらなければ株としては
結局変動無しということになります。
つまり、自分の中では金本位制ならぬ株本位制とでもいうような状態に
なりました。
これは自分の中で株を始めてみての発見でした。

そうなってくると、ロバート・キヨサキさんの言っていた
現金への不信が実感としてわかるようになってきました。
ロバート・キヨサキさんは株式などのペーパーアセット自体を
嫌忌されてますが。

昨日今日の円安・株高にうかされてえらそうなことを書いてみました。
つまるところ、運用中の外貨は日本円への転換予定が無い限り、
円ベースでの評価を行うのはナンセンスだということを
自分の経験に即して感じた、ということです。


参考リンク・yahooファイナンス ロバート・キヨサキさんのコラム
http://biz.yahoo.co.jp/column/company/ead/celebrated/person4/column_person4.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。