思いつきを書いていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証券会社の歴史の一片
2007年04月28日 (土) | 編集 |
最近のニュースは、銀行と証券会社の垣根をなくそうとしたり
金融商品の取引所の一本化を検討しはじめたり
個人投資家の退場が増えたら相場が冷え込むより先に
証券会社の収益が冷え込んだり、となかなか賑やかです。

さて、インターネットが世に出る前の1985年ごろの
証券会社の実態が少しわかるページがありました。
元証券会社社員の方の回顧録です。

株でバンザイ!【人生で大事なことはみなノムラで教わった】
http://mbnt.jp/kaikoroku.html

まあ時効ではあるにせよ、よく削除されないなあと思う内容が
書いてあります。早い話が個人のはめこみ営業なんですが。
07年3月期の証券会社の収益が横並びで悪くなっているのを見ても、
この頃と中身は変わってないんじゃないかなあと思います。
スポンサーサイト
中国株取扱証券会社とFXその2
2007年04月21日 (土) | 編集 |
中国株の買える証券会社で、外貨預け金をFXの証拠金として
使えるところを前回から探しています。
結論からいいますと、そういったことのできるのは
ユナイテッドワールド証券だけでした。
他は日本円以外の証拠金の入金はできないようです。
せっかく同じ会社で取り扱っているのなら外貨も証拠金として扱ったら
よさそうですが、レートで評価が変わってしまうからでしょうか。

以下に外貨の証拠金としての取扱について記載のあった
証券会社のページのリンクを置いておきます。
明示的に確認できなかったものもありますのでやや適当です。

ユナイテッドワールド証券
http://www2.uwg.co.jp/fx/fx3/about_fx/about_fx_6.html
(HKDを証拠金として取り扱う旨の記載あり。中国株取引口座とは
手数料無しで振替ができる模様。)

これより下は証拠金は日本円に限る証券会社です。

大和証券
http://www.daiwa.jp/ja/products/fx/rules.html
岡三オンライン証券
http://www.okasan-online.co.jp/procedure/in_out/fx_in_out.html
イー・トレード証券
https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?
getFlg=on&burl=search_derivative&cat1=derivative&cat2=
exchange&dir=exchange&file=derivative_exchange.html

マネックス証券
http://www.monex.co.jp/Etc/00000000/guest/G1600/fx/rule.htm
松井証券
http://www.matsui.co.jp/service/netfx/rule.html
オリックス証券
http://www.orix-sec.co.jp/orix_fx/q_and_a/nyusyutsu/nyusyutsu.html


補足1・
FXができても中国株の外貨決済ができない証券会社は
表示から外しました。
補足2・
マネックス証券、松井証券、オリックス証券は、
ユナイテッドワールド証券のシステムを利用しています。
補足3・
東洋証券はFXを取り扱ってませんが、
外貨建MMFでUSDを取り扱っています。これにより
上海B株の取引時にはUSD預け金を運用できます。
HKDはMMFはありません。


感想・・・
中国株の取扱会社のうち、外貨を証拠金としてFXができるのは
1社だけというのは意外でした。
まあ、FXができたからって必ず儲かるわけではないので
別にかまわないのかもしれません。MMFでもなんでもいいから
何かしらに外貨預け金を運用できれば私としては気がすみます。
たいていの証券会社はHKDと日本円の転換時に1%ぐらいのスプレッドを
とるので、日本円からHKDにした後すぐにまた日本円に戻すと、
それだけで2%もお金が目減りしてしまうんですよね。
これって結構ひどい話と思います。中国株取扱会社には
外貨決済のできないところも結構あるのですが、
ホールドし続けるつもりでやらないとずいぶん損だと思います。
(参考・サーチナの外貨決済可否による証券会社一覧
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/hikaku07.html

そして肝心のユナイテッドFXは他社と比較してどうなのかというと、
よくわかりません。FXはやったことが無いもので・・・
一応比較サイト(http://www.at-fx.net/)ではそんなに芳しくないようです。
まあ、中国株口座を作らないとFX口座が作れないので、
買い付け用の資金を遊ばせておきたくない人が使うだけなんだろうと
思います。
ついでに、googleで「ユナイテッドFX」で検索すると
ブログが2件出てきました。
http://fxunited.kitaguni.tv/

http://fxunited.meblog.biz/
です。
両方ともサクラとして仕込みで作られた感じが強すぎです。

なお、この記事の内容は2007/04/21現在のものです。
中国株取扱証券会社とFXその1
2007年04月16日 (月) | 編集 |
世界同時株安以来、中国株の認知度が高まった気がします。
外国株式を取引する時はどうしても外貨でキャッシュを持つ事になると
思います。証券会社にキャッシュを預けた場合、
日本円であればMRFで普通預金程度の利子がもらえますが、
外貨ではそれが無いようです。
買い付けまで何も利子がつかないのはさびしいので、
外貨預け金でFXができる証券会社を探しています。

一応下記が中国株を扱い、かつFXも行っている証券会社です。
ただ、外貨預け金を保証金としたFXができるかはまだ未確認です。
ですのであまり意味の無い一覧です。
リンクはサーチナの証券会社紹介ページに飛ぶようにしました。
そこにはその証券会社で何ができるかが一覧となっていて
便利なようでしたので。

大和証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec04.html
岡三オンライン証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec14.html
楽天証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec06.html
イー・トレード証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec07.html
ユナイテッドワールド証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec08.html
マネックス証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec09.html
松井証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec10.html
オリックス証券
http://stock.searchina.ne.jp/hikaku/sec12.html


補足1・
マネックス証券、松井証券、オリックス証券は、
ユナイテッドワールド証券のシステムを利用しています。
補足2・
内藤証券はFXもやっているのですが中国株取引で外貨決済を
選択できないため上記に載せませんでした。
補足3・
アイザワ証券もサーチナの記載によればFXができるようなのですが、
トップページでどこに記載があるのかわからなかったため
載せませんでした。
補足4・
東洋証券はFXを取り扱ってませんが、
外貨建MMFでUSDを取り扱っています。これにより
上海B株の取引時にはUSD預け金を運用できます。
HKDはMMFもありません。USDへの転換もできません。

なお、上は2007/04/15時点での内容です。
中国株口座外貨預け金とFX口座の共通性の有無については来週調べます。
 
専業トレーダーについてのQさんの回答
2007年04月08日 (日) | 編集 |
QさんのQ&Aで「意味のない人生?」という回がありました。

専業トレーダーについて生産性が無いという批判はよく聞きますが、
Qさんの回答は味があります。

こういう問答を見ると、とある落語を思い出します。
ぐうたらしてないで働け、と父親が与太郎を叱り、
どうして働かなければいけないんだと与太郎に聞かれた父親が
「そりゃおめえ、働いて金を貯めれば好きなだけぐうたらできるじゃねえか」
と答える話です。
まあ、働くのが楽しいというのが一番いいと思います。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。