思いつきを書いていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定拠出年金の商品の選び方
2007年02月25日 (日) | 編集 |
確定拠出年金の商品の選び方の基準としては、
1、利率
2、利率の変動性
3、解約手数料
が重要な部分かなと思います。

商品の選定うんぬんの前に一番重視するべきなのが分散投資による
リスク軽減ですが、ここで改めて説明せずとも
分散投資の重要性は確定拠出年金の導入時に
強く言われるので省略します。

ただ、分散投資の一番の利点は、いちいち市場を気にする必要が無い、
という部分にあると思います。
明日のことなんて誰にもわからないのですから、それに時間を
とられるなんてばかばかしいですよね。
ましてや定年後の年金の話ですから。


さて、商品の選定ですが、かならずしも元本保証型の
年金などが「堅実」であるとは限らないと僕は思います。
年金は5年利率固定型といった商品が多いかと思いますが、
07/02/21の利上げ前の水準で利率が1.0%いくかいかないかぐらいでした。
これでは想定利率の2.5%にまったく届きません。
(想定利率は各企業で変わりますが、2.5%前後が多いようです。)
さらに、年金商品は途中解約すると解約手数料がかかるものが
ほとんどです。ですから途中解約しない前提で年金商品は
購入する必要があります。
低い利率で購入してしまうと、5年間も想定利率に対して
逆ザヤの状態になってしまいます。

今後利上げの影響によって、元本保証型商品の利率が想定利率を
上回れば、その時に初めて元本保証型が堅実であるといえるでしょう。
それまでは、私見では国内株式と外国株式と外国債権に分散するのが
いいかと思います。
07年02月時点では国内株式と外国株式は高値を付け、外国債券は円安に
なってしまっているのが気になりますが・・・
国内債権はここ数年の基準価額の上昇があまりに少ないのですが、
これから上がるんでしょうか?
 
スポンサーサイト
確定拠出年金の想定利率
2007年02月24日 (土) | 編集 |
以前、確定拠出年金について会社で説明があったのですが、
想定利率は年利2.5%だということでした。
想定利率というのは確定拠出年金に制度移行する前の
退職金が2.5%の運用を想定していた、という概念でいいかと思います。

選択できる商品の利回りを見てみますと、
定期預金、年金などの元本保証型商品はみんな2.5%以下です。
国内株式、外国株式、外国債券はここ数年好調です。
外国株式と外国債権については為替が円安になっている影響も
あると思います。

先日(07/02/21)日銀の利上げがありましたが、
それでも元本保証型商品は2.5%までいかないでしょう。
2.5%いくようなら元本保証型商品にしておけば
少なくとも逆ザヤ(想定利率に対しての)が生じることはないんですが。

確定拠出年金の導入にあたって、2.5%の想定利率のラインと
選択商品の利率が現在どういう関係にあるかを説明してほしかったです。
自己責任とかその辺の事情で、会社側は特定商品に関しての意見を
言えないようになっているみたいですね。
 
株をギャンブルにしないために1
2007年02月18日 (日) | 編集 |
自戒的な内容ですが。

タイトルと反した事をいきなり書きますが、
僕は株はギャンブルだと思います。
単に結果を100%予測することはできない、という点においてです。
それをいうと世の中のこと全てがギャンブルになってしまいますが、
僕はそういう認識でいるということですね。

パチンコが好きな人が身内に居るのですが、
その人は勝っていてもお金が無いんです。
勝っても負けるまでやってしまうから。
それを見ていてギャンブルは引き際が一番難しいというのは
本当だなと感じます。

「ギャンブルにしない」を「スッテンテンにならない策をとる」と
言い換えるとすれば、損切りラインの設定とその実行が
株をギャンブルにしない方法と言えます。
ギャンブルそのままに熱くなりすぎないように、
納得できる損切り、というのがキーワードかなと思いました。

あと、スッテンテンという言葉を久々に使いました。
 
Qさんのサイトを読んでいます
2007年02月16日 (金) | 編集 |
Qさんとは「ハイハイQさんQさんデス」というサイトを運営しておられる
邱永漢さんのことです。

サイトの内容は中国株について多く書かれていますが、その他にも
面白い記事があります。「邱飯店のメニュー」が一番娯楽色が強いでしょうか。

Qさんの生い立ちについては「Qさんライブラリー」の第9回から
第26回ぐらいまでを読んでみるとよくわかります。

国民党に追われるあたりの話ですので、反骨な話が好きな方には
おすすめです。
 
ごあいさつ1
2007年02月15日 (木) | 編集 |
ようこそいらっしゃいました。
ブログを作るのは初めてで拙い点も多いかと思いますが、
ご容赦の程よろしくおねがいします。

楽しんでいただければ幸いです。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。